さんさんくらぶ紹介

トップページ > さんさんくらぶ紹介 > さんさんくらぶの活動

イラスト

「さんさんくらぶ」は、多摩ニュータウンとその周辺を活動の場に、誰もが参加できる、楽しい「まちづくり」の運動体です。

その母胎となったのは、地域に残された里山を遊び場に「自然の中でのびのび育てる」保育を、30年にわたって追求してきた「さんさん幼児園」の活動です。そこで培われた子どもたち・大人たちのネットワークを生かして、「何でもあり」の多彩な活動を展開しています。

さんさんくらぶの事業は大きく二つあります。

第1は自然に関わる活動で、町田市小野路の里山「合歓の里」を拠点に、田んぼ作りや四季折々の野外活動を展開しています。里山の狭い谷筋を入っていくと、奥は雑木林に囲まれて大きく開けた場所になり、合歓の木が何本も生えています。何枚もの田んぼが広がり、いちばん奥には小さな溜池もあります。この地を一大ビオトープとして整備し、自然と人間が幸福に関わりあえる別天地に仕立てて行こうとしています。

第2は文化をテーマにした活動です。そのうちでも音楽活動に力を入れています。2015年10月には創作オペレッタ「里山物語」、2016年10月にはストラビンスキーのオペラ「皇帝とウグイス」を八王子市南大沢文化会館の主ホールで上演し、プロの歌い手とくらぶの音楽グループがコラボする楽しい舞台を作り上げて好評を博しました。田んぼとオペラとは、だいぶかけ離れているように見えますが、参加するみんなの命が輝くという根っこを共有しているのです。

イラスト

そのほか、「親子読み聞かせ」サロンの活動や地域のボランティア活動などにも取り組んで、地域の中に風を起こし、楽しい絆づくりを進めて行きます。一緒にさんさんのクラブライフを楽しみたい方の参加をお待ちしています。

さんさんくらぶの活動

NPOさんさんくらぶ 2017年度事業計画案

2017年度の運営方針

田んぼ自然と文化の調和をめざす「さんさんくらぶ」の目標に沿って、これまでの実績を生かしながら、里山の田んぼの耕作とニュータウンでの文化活動を総合的に進める。

おじそうさん合歓の里においては田んぼの耕作とビオトープづくりに取り組むとともに、里山を会場にした造形ワークショップを行い、その映像記録を作成する。

さんさんファミリーコンサートとして続けてきた音楽活動を継続していくが、大ホールでの公演は今年度は休みとし、交流ホールを使った「さんさん音楽寄席」を11月に開催する。また後期の活動として、親子を対象にした音楽ワークショップに取り組み、発表会を開く。

これらの活動の情報を、ネットを生かして効果的に発信していくことに努め、さんさんくらぶの活動に関心を持ってくれる人を増やして、従来のさんさん人脈を越えた新しい会員の獲得を目指す。

事業計画

里山の自然に親しむ活動
合歓の里の田んぼ耕作活動
イラスト

13年目となる田んぼづくりを進めるとともに、里の奥にできた池を中心としたビオトープづくりを進める。また、昨年の「お地蔵さんづくり」に続く造形(テラコッタ)ワークショップを開催し、作品を合歓の里に展示する。

子どもゆめ基金の助成による「お米の文化をカラダで学ぶ自然教室」を今年も継続する。PRの方法を見直し、多摩市方面だけでなく、町田市鶴川方面からの参加者の開拓に努め、参加者の確保と拡大を目指す。

お出かけ型の活動

秋の高尾山ハイキングなど、近郊の自然を楽しむイベントを実施する。


ニュータウン地域の文化活動
さんさん音楽寄席
イラスト

会員が日ごろ親しんでいる歌や楽器演奏や踊りや話芸や手品などの演芸を持ち寄って、みんなで楽しむ「寄席」を開催する。

11月25日(土) 八王子市南大沢文化会館 交流ホール


子どももおとなもみんなでつくる音楽ワークショップ

みんなでお話を考え、好きな音楽を持ち寄り、新鮮で面白いオペレッタを創作し発表会を開く。(2017年11月〜2018年3月)


親子なかよし読み聞かせカフェ(町田市レク連盟委託事業)
イラスト

絵本や童話の紹介、手作り遊び、
季節の行事などを組み合わせて展開する。
八王子、多摩地区で実施。
会員の中から実行グループを募集する。

ボランティア活動の実施・支援

子どもの文化・スポーツ活動や高齢者の元気づくりなど、
地域福祉やまちづくり活動に参画する。


その他の事業・活動

『ナチュール』の発行(年間4回/6、9、12、3月)/ ホームページの充実
イラスト
NPO町田市レク連盟事業への参加 (受託事業以外)

2017年7月17日(日)
子どもも大人も遊びもまちだ展(ひなた村)

さんさん余遊研究所の活動

遊びと余暇の研究者である薗田碩哉の活動を軸に、
調査・研究活動を進める。

▲このページの先頭へ